• kase34

StereoTimesによるElector, Performer s800, m1000レビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日はオンラインメディアであるStereo TimeによるSPL Elector(アナログプリアンプ)、Performer s800(ステレオパワー・アンプ)、Performer m1000(モノラルパワー・アンプ)のレビューのサマリーを日本語にてご紹介させていただきます。原文(英語)はこちらからご覧いただけます。


Elector - アナログプリアンプ


"Electorのプリアンプは、フェイスプレートの右上に2つのVUメーターを備えています。VUメーターの右には、スタンバイスイッチがあります。VUメーターの下には2つの小さなスイッチがあり、メーターのVUゲインとテープモニター入力になっています。真ん中には大きなボリュームコントロールがあり、リモコンを使わないときはシルクのように滑らかでしっかりとした動作をするので、使うのが楽しくなります。"


Performer s800とm1000 - パワーアンプ


"s800アンプは、A/B設計です。8Ωで185W/ch、4Ωで285W/chの出力を実現します。モノブロックアンプ「m1000」は、A/B設計。これらのモノブロックは、8オームに420ワット、4オームに750ワット、2オームに1000ワットを供給します。"


VOLTAiRテクノロジー


"上述のSPL作品はすべて、VOLTAiRテクノロジーと呼ばれる独自の設計に基づいており、標準的な+/-15ボルトの負荷に比べて、他に類を見ない+/-60ボルトの負荷で動作します。これは、一般的なオーディオ機器の4倍の電圧です。これにより、1)33.2dB以上のヘッドルームレンジ。2) 141.4dBのダイナミックレンジ。3) 114.2dBのレスノイズレンジを実現します。"


"3つのSPL製品はすべて、リスナーにとって全体的に美しく/リラックスした音楽体験につながる3つの非常に明白な特性を提供します。最高の真空管機器に匹敵する、全体的にシルキーでスムースなプレゼンテーション。すべての周波数が自然でシームレスな方法で織り込まれているトップからボトムまでのバランス。また、音楽のビートに合わせて足を踏み鳴らすようなドライブ感とポップ感を与える、全体的に優れたマクロダイナミクスを備えています。"


結論


"Electorのプリアンプを、シングルシャーシのs800やモノブロックのm1000と組み合わせて何時間も楽しく聴いた後、私は次のような結論に達しました。"


"私はSPLのElectorプリアンプとs800とm1000の両方のアンプに非常に感銘を受けました。製造品質とエンジニアリングは、ハイレベルなドイツ企業に期待するものと同じです。粒状感のない絹のように滑らかな全体的なプレゼンテーション、素早くパワフルなマクロダイナミクスとスピード、トップからボトムまでのすべての周波数のシームレスな統合、チューブのような音色とイメージの密度の表現など、音の最上級表現をリストに加えてみてください。Electorのプリアンプとs800ステレオアンプのコンボは、ハイエンドオーディオにおける大きな掘り出し物の一つだと思います。"

0回の閲覧0件のコメント