• kase34

SoundStage!UltraによるPerformer m1000のレビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日はSoundStage!Ultraによるモノラルパワーアンプ、Performer m1000のレビューの概要を日本語にてご紹介させていただきます。原文はこちらからご覧いただけます。

"SPLは現在、マスタリング、スタジオ、プラグイン、プロフェッショナル・フィデリティの各ラインでのモデルを提供していますが、Pro-Fiはハイエンド・ホームオーディオ向けの9つのモデルで構成されています:DAC付きとDACなしの2つのアナログ・プリアンプ、2つのヘッドフォン・アンプ、1つのプリアンプ・ヘッドフォン・アンプ、1つのフォノステージ、スタンドアローンのクロスオーバー、ステレオ・パワーアンプ、そして今回のレビューの対象であるPerformer m1000モノブロック・アンプです。"


"Performer m1000は、ソリッドステート、クラスAB、モノブロックパワーアンプで、11W x 8H x 14.75Dという魅力的なサイズの小型パワーハウスです。重量は54.7ポンドで、出力は2Ωで1000W、4Ωで750W、8Ωで420Wとなっています。"


"これほど小さなアンプでこれほどのスペックを謳っているのだから、ファンキーなクラスDハイブリッドではないことを確認するために、ボンネットの中を覗いてみなければならなかった。その結果、2つのことに気づきました。Performer m1000には、高品質なコンポーネントが高密度に詰め込まれており、クラスDではないということです。"


"Professional Fidelityの全てのモデルには、SPL独自のVOLTAiRテクノロジー、別名120V DCオーディオレールが搭載されています。ほとんどのオーディオ・コンポーネントでは、壁からのAC電源をトランスで受け、2次側のDC電圧を+/-15V以下に変換します。SPLは、独自のオペアンプSUPRAを開発し、±60Vまたは120VのDC電圧に対応しています。これにより、ダイナミックレンジとヘッドルームが拡大し、トータルハーモニックディストーションとノイズ(THD+N)のレベルが低下するというメリットがあるとのことです。"


サウンド


"m1000の少し温かみのあるパワフルなサウンドは、このアルバムのすべての曲にバランス感をもたらしてくれました。これはソリッドステートのクラスABアンプではほとんど聴くことができません。Performer m1000の音を表現するには、"チューブライク "という言葉がぴったりです。"


"全体的に見て、Performer m1000は楽しく聴くことができ、何かが足りないとか、何かが足りないという印象は受けませんでした。"


結論


"SPLのPerformer m1000モノブロックを2ヶ月間聴いた結果、私は感銘を受け、惚れ込んでしまいました。m1000は、音も価値も非常に大きなパンチを持っています。十分な出力を得るために努力しなければならないと感じたことは一度もありませんでしたし、非常に高い再生レベルであっても、その音が何らかの形で制約されていると感じたことはありませんでした。さらに、Performer m1000sの動作はクールで、見た目もかっこよく、勇気を出して持ち上げてみると、岩のようにしっかりとした感触があります。そして何よりも、m1000sは聴く者を魅了しました。"


"これらをすべて加えて計算すると、単純です。Sound Performance LabのPerformer m1000は、高出力のソリッドステート、クラスABパワーアンプを求める人にとって、非常に価値のある提案をしている。非常にお勧めです!"

3回の閲覧0件のコメント