• kase34

Professional AudioによるPhonosレビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日はドイツ語のオーディオ雑誌であるProfessional AudioによるPhonosのレビューのサマリーを日本語にてご紹介いたします。原文(独語)はProfessional Audio誌2017年7月号をご購入の上、ご覧ください。



"筐体の作りは、SPLに慣れているだけあって完璧です。"


"Phonosの前面は明確に配置され、高品質なスイッチやポットが装備されています。"


"Phonosの特別な品質は、デバイスの内部で見つけることができます。ここには、ディスクリートの高電圧オペアンプが搭載されています。"


"120Vレール・テクノロジー(VOLTAiRテクノロジーと表示されたプロフェッショナル・フィデリティ・シリーズの中のもの)は、±60ボルトの直接電圧で動作し、これは他のハイエンド機器の標準動作電圧の約2倍です。"


"VOLTAiRテクノロジーは、...卓越した技術仕様と音の優位性を可能にします..."


"Phonosの入力アンプは、膨大なヘッドルームにより、最も音量の大きいカートリッジでも容易に扱うことができます。" "これは間違いなくVOLTAiRテクノロジーの利点です。"


プリアンプは切り替え可能で、MMとMCの3つの値が用意されています。


"Norm "に設定すると、PhonosはMM信号を46デシベルまで、MC信号を67デシベルまで増幅します。10 "に設定すると36/57に、"+4 "に設定すると50/71デシベルに低減されます。"


"このように、Phonosは、異なるカートリッジで動作させたい場合でも、要求の厳しいすべてのユーザーにとって完璧なデバイスです。"


"測定ラボでは、Phonosはあらゆる面で納得のいく結果を出しました。イコライズされた周波数特性は定規のように真っ直ぐで、..."



サウンド


"Phonosはすべての異なるカートリッジを扱うことができるだけでなく、テストリスナーを最初の1秒から魅了し、興奮させました。"


"Phonosが音楽を脚光を浴びる方法は、非常にリラックスしていて、自由な遊び心と巨大なダイナミックな資質を兼ね備えていると表現できるかもしれません。"


結論


"SPL Phonosは、非常に良い音のフォノプリアンプであり、非常に中毒性がある。その遊び心、巨大なダイナミックス、そして微細な音の構造を詳細に表現する正確さは、何度も何度も驚かされます。価格と性能のバランスが素晴らしい。"

2回の閲覧0件のコメント