Phonitor x DAC、Performer s800、SKY Audioの使用例


国際エンドーサーの古屋です。

自分自身で使用しております、IoT環境でのPhonitor x DAC、Performer s800、そしてSPLが公式採用しているスピーカー、SKY Audioのご紹介をしてみたいと思います。

こちらGoogle TV対応のSHARP製テレビから、Phonitor x DACへA-DATでデジタル接続されておりまして(Bluetoothスプリッターへ更に分岐)、そこからアナログ接続にてPerformer s800へシグナルが引き継がれSKY Audioを鳴らしているという仕組みです。

電源部は100vから昇圧し120vへ変更された後、EQUI=TECH Son of Qにて電源を整えています。Phonitor xとDirector Mk2は季節ごとに入れ替えておりまして、万能型のPhonitor xはヘッドホンを頻繁に使用する時期には重宝し、更にスピーカー側のサウンドのディテイルに拘る折にはDirector Mk2に入れ変えるという手法を用いています。

今やIoTで再生可能なサブスクリプションはそれなりの数であり、音質におけるロスレスでのサービスも常識になりつつある中、便利以外の何物でもありません。更にはプレイリストや履歴などもIDからアプリが同期されるので、スマートフォンやPCとの連動も可能という素晴らしい環境です。

特に私の場合は楽曲のリファレンスを探したりする折にも重宝しますし、更にはワイヤレスでBluetoothヘッドホンを用いたりすることもできるので、汎用性が非常に広いと言えます。

こうした現代ならではの利便性を享受できる上、更にはこうした拘りの機材でお部屋を彩っていくという楽しみもあります。


使用機材一例:

DAC:Phonitor x DAC

Power Amp:Performer s800

Power supply:EQUI=TECH Son of Q


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆様こんにちは。プロダクトマネージャーの加瀬でございます。 皆様からのご愛顧により、SPL JAPANは世界で最もSPL製品を販売する代理店となり、また日本が世界の中で1番SPL製品が売れている国へと成長を遂げることができました。心より感謝致します。 市場の皆様からの需要に応えるため、SPL JAPANでは積極的な在庫確保に取り組んでおり、大規模な商品入荷をセットしております。明日10月4日に、ド