• kase34

Performer s800の魅力について

こんにちは。SPL Japanの加瀬です。本日は、弊社取扱製品でございます、ステレオパワーアンプ、Performer s800の魅力について、弊社YouTubeチャンネルで公開をしております動画と合わせてご紹介を致します。



店頭デモ機をご試聴下さったお客様や、販売店様のご担当者様より、毎度頂戴する言葉と致しまして、『この大きさのパワーアンプでこの音が出てくるなんて信じられない』というのがございます。一つに時代と技術の進歩というところがあるかと思いますが、SPL社が持つ開発力というものの恩恵は途轍もないものであるとも思います。


SPL Pro-Fiシリーズの全ての製品に共通して言うことのできる表現として、決してハイゲインではなく音の密度の濃さと表現の豊かさを有している、というのがあるかと存じます。それは、SPL社が有している120V VOLTAiRテクノロジーがあってこそ実現しているものであると考えております。グループ会社の音楽プロダクション(Hiro's Music Production)では、メインのマスタリング機材と致しまして、SPL 120V Rail Technologyを搭載した一連のコンフィギュレーションを導入しておりまして、音楽制作業務の中で、その技術の恩恵を最大限に享受してきたところもございますので、その素晴らしさを身をもって感じております。マスタリングという、音楽制作の最終段階で必要とされる技術を支える機材を開発しているメーカーですから、最終的なリスニング環境の構築においても、そのノウハウが活かされているということかと思います。


おすすめの組み合わせのスピーカーとしましては、弊社グループ会社が日本総代理店を担当しております、ドイツのスピーカーブランドでございます、Sky AudioのVerdade IIがございます。こちら、SPL Japanのウェブサイト内にご紹介ページをご用意してございますので、宜しければご覧頂ければと思います。また、弊社が所在する海浜幕張に、こちらの組み合わせでのリスニングルームのご用意も進めておりますので、続報をお待ち頂ければ幸いです。


SPL Japan 加瀬

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Phonitor x / se / Expansion Rackの参考展示について

皆様こんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、6月17日より始まります、イケベ楽器Power Rec渋谷店様での参考展示についてご案内を致します。 この度イケベ楽器様がSPL Japanの正規販売店として契約がスタートするということで、主力製品でございます、Phonitor x with DAC768xs / se with DAC768xs / Expansion Rackの参考

iPhone・iPadとPhonitor x / se with DAC768xsの組み合わせについて

皆様こんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、Apple iPhone / iPadとSPL Phonitor x / se with DAC768xsを組み合わせた際のロスレス・ハイレゾ音源の音楽鑑賞についてご紹介いたします。 DAC768xsモデルに付いておりますUSB端子をApple iPhoneやiPadとUSB-C接続もしくはLightning to USBアダプタを介し

SKY AUDIOとSPL Director Mk2 / PQの組み合わせについて

皆様こんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、SPL Japanがスタジオ内に新規に設けましたリスニングルームでの私自身のインプレッションについて、ご紹介致します。 弊社が別部門として所有をしております音楽制作スタジオには、DSPベースで再生音の調整をするスピーカーを使用しておりますが、やはり何処かにデジタルに制御された平面的な音というものを感じながら作業をして参りました。そちらの