Performer s800の使用方法の一例 (Amphion two 18とBaseOne25)



SPL社の120vテクノロジーが用いられているPerformer s800は、パワーアンプとして正に理想的な哲学を背景に製造されています。最もダイナミックレンジを求められるパワーアンプへ、120vテクノロジーを投入することで、販売されている機材の中で最高スペックを誇る130dBものレンジを実現しており、多くのパッシブスピーカーにとってこれまでにないサウンドを提供しています。




私たちの友人でパートナーであり、そして国際エンドーサーとして著名なリエージュ在住のマスタリングエンジニア、Dan D'Ascenzoは、自らのAmphionのamphion two 18とBaseOne25のコンビネーションシステムに、2台のperformer s800を駆動させて運用しています。このコンフィギュレーションの場合、これまでAmphionで聴かれていたサウンドとは一気に姿を変え、明らかに解像度と音密度、そして広大なダイナミックレンジを得ることができます。

これは彼のスタジオに行った折、余りに国内で聴いてきたAmphionと異なる性質を持っていた故に、実際にどう運用しているのかを聞いたことで初めて分かったことでした。




また、SPL本社のスタジオでは、同じくグループ会社で日本総代理店を務めるSKY AUDIO社のスピーカーを、Performaer s800によって運用されています。Professional Fidelityにもラインナップされている機材ですが、実際のところは第一線のスタジオで使用実績があり、本家本元のSPL本社で写真のような新製品のレセプション時にまで用いられる機材となっています。

58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Phonitor x / se / Expansion Rackの参考展示について

皆様こんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、6月17日より始まります、イケベ楽器Power Rec渋谷店様での参考展示についてご案内を致します。 この度イケベ楽器様がSPL Japanの正規販売店として契約がスタートするということで、主力製品でございます、Phonitor x with DAC768xs / se with DAC768xs / Expansion Rackの参考

iPhone・iPadとPhonitor x / se with DAC768xsの組み合わせについて

皆様こんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、Apple iPhone / iPadとSPL Phonitor x / se with DAC768xsを組み合わせた際のロスレス・ハイレゾ音源の音楽鑑賞についてご紹介いたします。 DAC768xsモデルに付いておりますUSB端子をApple iPhoneやiPadとUSB-C接続もしくはLightning to USBアダプタを介し

SKY AUDIOとSPL Director Mk2 / PQの組み合わせについて

皆様こんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、SPL Japanがスタジオ内に新規に設けましたリスニングルームでの私自身のインプレッションについて、ご紹介致します。 弊社が別部門として所有をしております音楽制作スタジオには、DSPベースで再生音の調整をするスピーカーを使用しておりますが、やはり何処かにデジタルに制御された平面的な音というものを感じながら作業をして参りました。そちらの