• kase34

MR HiFiによるPhonitor xeレビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日は、MR HiFiによるSPL Phonitor xeレビューの抜粋を日本語にてご紹介いたします。原文は、こちらよりご覧いただけます。

ビルドクオリティ、スペック、デザイン。


「Phonitor xeは、ドイツで製造された印象的な製品であり、そのプレミアム感と外観はとても素晴らしいものです。カラーはレッド、ブラック、シルバーの3色で、購入を検討されている方にはお好みの外観に応じてこれらの選択肢があります。"


"ボリュームコントロールは45mmと高級感があり、大きくて回したときの感触も素晴らしい。また、Phonitor xeのボリュームコントロールは電動式で、IRリモコンで操作することができます。暗い環境で聴いていても、ボリュームコントロールのマーカーが見やすいのは嬉しい機能です。"


"Phonitor xeのデザインで気に入っている点は、左右のオーディオチャンネルの入力レベルを視覚化できる2つのメカニカルVUメーターです。また、VUスイッチにより、異なる信号レベルに合わせて表示を最適化することができます。このヘッドフォンアンプは、暗い部屋でお気に入りの音楽を聴きながら、VUメーターに魅了されることを求めているのかもしれません。"


"Phonitor xeは、オプションの内蔵DACを選べば、最大6つのソースを接続することができ、XLR、RCA、USB、Coax、Optical、AESを利用できます。内蔵DACを選択した場合は、コンバーターとしてAKM AK4490 Velvet Sound Premium DACチップを搭載しています。"


Phonitor Matrix


"このアンプの次の特徴として、私がとても気に入っているのは、マトリックス・クロスフィードとアングル・コントロールです。これらのコントロールにより、ヘッドフォンをよりスピーカーに近いサウンドにすることができます。音楽の大半はスピーカーで再生するためにミックスされているので、ヘッドホンで聴くと音楽の繊細さを十分に味わえない場合があります。マトリックス機能は、私の中ではPhonitor xeの大きなメリットの一つです。"


サウンド


"SPL Phonitorを聴いていると、録音の品質とその他のオーディオ・チェーンの品質が耳にそのまま聞こえてきます。"


"Phonitor xeは、より大きく、より正確なステージング能力を持ち、究極の精密さで、音楽からもう少し明確さとディテールを提示します。"


"私の耳では、Phonitorはより詳細に、弦を手で弾く音から観客の歓声まで、録音の中のより微妙な音を表現していました。"


結論


"このアンプが誰に最も適しているかを総合的に判断すると、私の意見では、SPL Phonitor xeは、究極の透明感のあるサウンドと素晴らしいビルドクオリティーを求める人に向いていると思います。"

5回の閲覧0件のコメント