• kase34

MiniklangwunderによるPhonitor seレビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日は、MiniklangwunderによるPhonitor seレビューのサマリーを日本語にてご紹介させて頂きます。原文(独語)はこちらからご覧いただけます。

デザインと品質


"私は、SPLデバイスの筐体の丸みを帯びた形状がとても気に入っています。Phonitor seは、そのシンプルさで視覚的にも際立っています。私が試用したデバイスは、ベリーカラーに近い赤のフロントパネルを持ち、ハンマーブロー仕上げのブラックの筐体と非常によく調和しています。これが、エレガントな外観にある種の「新鮮さ」を与えています。もちろん、控えめなブラックのフロントパネルもラインナップしています。また、オプションでシルバーも用意しています。色の選択は自由です。"


"金属製のレトロなトグルスイッチは、非常にクラシックでシンプルな方法で設定された機能を表示することができます。これは、多くのSPLデバイスでよく見られます。よくできている。"


VOLTAiRテクノロジー


"通常、アナログ信号の処理には、最大で+15Vと-15Vで動作するオペアンプを使用しますが、SPLは30Vに制限されていた電圧範囲を120Vまで拡張しました。Voltairテクノロジーを搭載したSPL製品は、基板上に特別に開発された-60Vと+60Vで動作するオペアンプを使用しており、ダイナミックレンジとヘッドルームを大幅に拡大しています。"


サウンド


"サウンドは、再びプロオーディオ領域の品質を示しています。Phonitor seは、私が入力したものすべてをリニアに再現してくれます。"


結論


"Phonitor seは完璧な据置型ヘッドフォンアンプであり、「適切な」ヘッドフォンと「適切な」ソース素材があれば、素晴らしいハイエンドソリューションとなります。必ずしもバランスの取れたソース素材を求めない人にとっても、Phonitor seは絶対的にパワフルなヘッドフォンアンプです。"


"Focal Clear ProやHEDDphoneと組み合わせても、クロスフィード回路は見逃せない追加機能です。特にライブアルバムは、この機能によってさらなる信頼性を得ることができます。"


"DACの有無にかかわらず、Phonitor seは、音楽愛好家を音響的に満足させ、ピュアリストやシンプルなエレガンスを愛する人々を触覚的に満足させる、「プロフェッショナル・フィデリティ」のヘッドフォン・アンプにふさわしい製品です。"

2回の閲覧0件のコメント