MAGIX社、Samplitude/Sequoiaを用いたサンプル音源


皆様こんにちは、SPL・MAGIX国際エンドーサーの古屋です。

さて本日は、音楽制作用DAWとして、また観賞用の音楽再生ソフトとして人気が出てまいりましたMAGIXのSamplitudeとSequoiaを用いたサンプル音源をご紹介してみたいと思います。

音楽制作用途としてご検討の皆様には、強烈な音圧をいとも簡単に再生・受け止める柔軟性と透明感、そして音楽鑑賞用をご検討の皆様には、マスタリングを行っているOn/Off動画ですので、違いが出て当然なのですが、その意図を明確に伝えられるディテイルとエッジ、そして極限まで可能とされるリミティング/コンプレッションなどをご体感いただければと思います。通常ここまで攻めたマスタリングを行いますと、大抵は音源が破綻してしまったり、或いは無駄なコンプレッションを感じたりするのですが、MAGIX社のDAWだからこその性能を発揮し、作品として非常にクォリティが高く制作されているかと思います。


楽曲は韓国ドラマに用いられたもので、数年前に僕がマスタリングを担当させてもらった作品です。ミキシングはポール・マッカートニーなどを担当することで知られるロンドンのマーティン・メレニーで、彼から直接受け取ったファイルを今回用いています。ラウドネスの違いが出ないように、ミキシングの元音源はSequoia内でGainを用いてOn/Off凡その数字は揃えてあります。勿論今回の動画を作ることについて、製作元には合意を頂いています。


チェインを少し書いておくと、SamplitudeからSPL社のNeosというミキシングコンソールるへ音源が流し込まれ、そのままSPL社のマスタリングコンソールDMCへ受け継がれます。今回ミキシングコンソールを用いているのは、Samlitudeで再生を行いたかったことと、Neosのミキシングにおけるドライブ感を演出したかったことにもあります。

マスタリングチェインは、マスタリングコンソールからSPL IRON、SPL PQ、Bettermaker Mastering EQ、elysia Museq、elysia alpha compressorで楽曲を作り込んでいます。M/Sで用いた機材はBettermaker EQとelysia alpha compressor、あとはステレオで用いています。

マスタリング後の音源を受け止めるSequoiaは、付属のeFXリミッターと各チャンネルに付属しているEQをカットで使いました。外部プラグインは一切使用していない形になります。


それでは、お楽しみいただけますと幸いです。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆様こんにちは。プロダクトマネージャーの加瀬でございます。 皆様からのご愛顧により、SPL JAPANは世界で最もSPL製品を販売する代理店となり、また日本が世界の中で1番SPL製品が売れている国へと成長を遂げることができました。心より感謝致します。 市場の皆様からの需要に応えるため、SPL JAPANでは積極的な在庫確保に取り組んでおり、大規模な商品入荷をセットしております。明日10月4日に、ド