• kase34

HiFi-StarsによるPhonosレビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日は、ドイツのHi-Fi系雑誌であるHiFi-Starsに掲載されているSPL Phonosレビューのサマリーを日本語にてご紹介いたします。原文(ドイツ語)はHiFi-Stars 44号をオンラインにてご購入いただくことで、ご覧いただけます。


"SPL(サウンド・パフォーマンス・ラボ)は、30年ほど前から、自然な音で有名なプロ・オーディオ機器を製造する会社として、ミュージシャンやスタジオ・シーンでその名を知られています。数年前、SPLはHiFi愛好家に向けて、Phonitorと呼ばれる最初のヘッドフォン・アンプを開発しました。基本的には、これが "SPL Professional Fidelity Series "の誕生でした。SPLのこの部門は、ホームユーザーのための技術のすべてであり、このシリーズのフォノプリアンプは、この時点でレビューの準備ができています。"


"すべてのコントロール要素は、デバイスの前面に配置されており、それらは一目瞭然です。"


"3つの可能な設定「ノーマル」、「-10」、「+4」(各dB)でゲインをコントロールすることは、設定するのと同様に経験的に素早く見つけることができる。"


"Phonosは、私がこれまでに出会ったフォノプリアンプの中で、圧倒的に簡単かつ迅速に操作できる。"


"プラグイン、スイッチオン、設定の調整、そしてオフユーゴー!"


"SPLは、同社のプロオーディオ機器で実績のあるVOLTAiRの技術を移植しました。実はこれは、"volt "と "air "を組み合わせた造語で、基本的には(一般的に使用されている36ボルトではなく)120ボルトの内部電圧でコンポーネントが動作することを意味しています。これにより、SPLはオーディオ・エンジニアリング・スタンダードの動作レベルを向上させています。この状態は、容易に追跡可能であり、音に大きなプラスの影響を与えます。"


サウンド


"フォノスが特別なのは、バイオリンのような非常に繊細な音でさえ、非常にクリーンな方法で表現できることです。"


"純粋な喜び - これこそがSPL Phonosが何の制限もなくもたらすものだ"


結論


"SPL Phonosは、あなたが望むフォノプリアンプです:完全にシンプルな操作性、頑丈でインテリジェントなデザイン。いくつかの設定をするだけで、どんなカートリッジにも完璧に合わせることができ、あとは使用するだけです!"

0回の閲覧0件のコメント