• kase34

HiFi-StarsによるDirector Mk2&Performer s800レビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日は、ドイツ語メディアであるHiFi-StarsによるDirector Mk2とPerformer s800のレビューのサマリーを日本語にてご紹介させて頂きます。原文(独語)は同雑誌47号をご購入いただくことでお読みいただけます。


テクノロジー


"Director Mk2は、合計6つのアナログステレオ入力を備えています。そのうち2つはXLRコネクタ(入力抵抗10kohms)、4つはRCAコネクタ(RCA入力は抵抗47kohms)として設計されています。"


"コンバーターチップには「AK4490 Velvet Sound」を採用。これにより、32bitで利用可能なサンプリングレートは、44.1、48、88.2、96、176.4、192、352.8、384、705.6、768kHzとなります(エンコードされたPCMの場合)。DSDについては、DSD1(DSD64)、DSD2(DSD128)、DSD4(DSD256)のフォーマットが使用できます。これはすごいことですよね?"


"Performer s800は、その目立たない体格にもかかわらず、印象的なパフォーマンスデータを提供しています。ブリッジモードで、4Ωで2x285WRMS、8Ωで2x185WRMS、8Ωで1x450WRMSが供給されます。"


"接続面では、便利で使えるものはすべて提供されています-人気のテープループまで。技術的なデータは割愛しますが、これらがすべて一流であるということで十分でしょう。"


音について


"正直に言うと、それは本当に存在しません。SPLは、悪名高い増幅用の「線の切れ端」に極めて近い。もし、あなたがハイフィデリティの理想にこだわり、実際に記録媒体上にあるものだけを聞きたいと思うなら、この組み合わせは完璧な選択です!"


"Director Mk2とPerformer s800は、明らかに存在しないことでいつも感動を与えてくれます。AC/DCの「High Voltage」を、Ivo Pogorelichの魂のこもった表現力のある演奏スタイルと同じように、激しく打ち鳴らしてくれました。これらはまさに一流のアンプです!"


結論


"Director Mk2は、スタジオらしい模範的なニュートラルさを発揮しています。高効率(ホーン)スピーカーとパワーを必要とするスピーカー(色は問わない)の両方を扱えるパワーアンプ、それがSPL Performer s800です。このコンビは、光速でニュートラルな再生をしながらも、パワフルで物足りなさを感じさせない......すべてのハイファイ・ケースに対応する、音響的にストレートで汎用性の高いアンプ・コンビネーションです!"

0回の閲覧0件のコメント