• kase34

HiFi-IFAsによるPhonitor seレビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日はドイツ語メディアHiFi-IFAsによるPhonitor seのレビューの抜粋を日本語にてお届けいたします。原文はこちら(独語)からご覧いただけます。

第一印象


"SPL Phonitor seの筐体は、しっかりとしたパッケージから箱を開けると、とても良い印象を受けます。平らで半径が大きく、約3kgの重量は明らかに高品質で、手によく馴染みます。テスト機は、SPLのコミュニケーションカラーになりかけているエレガントな赤で仕上げられています。"


"軽いブラッシングとカラーアルマイト処理が施された前面には、メーカーロゴが挿入されています。筐体は約50mmと非常にフラットで、ミドルサイズのフォーマットにエレガントなプロポーションを与えています。スタイリッシュです。"


テクノロジー


"ベーシックバージョンのPhonitor seは、純粋にヘッドフォンアンプとして設計されており、入力側には高品質でしっかりとしたRCA端子を1組装備しています。"


"十分な2x5Wのパワーを搭載しており、6.3mmジャックを介して接続されたヘッドフォンに出力されます。"


"Phonitor seの基本装備には、120ボルトの電圧で動作するSPL専用のVOLTAiRテクノロジーが搭載されています。これは、最高のディスクリート・オペアンプの2倍、ICベースのソリッド・ステート・オペアンプの4倍の動作電圧であるDC+/-60ボルトでオーディオ信号を処理します。VOLTAiRテクノロジーは、ダイナミックレンジ、S/N比、ヘッドルームを向上させます。"


"もう一つの特徴は、マトリクス回路です。このマトリクス回路は、信号を『曲げない』心地よい微調整だと感じました。試聴ではC1レベルに「はまった」が、その後は個人の聴力感覚に沿った設定であるため、学術的にはそれ以上「正しさ」を問うことはなかった。"


"DAC768xsのD/Aコンバーターモジュールには、AKMのAK4490コンバーターチップを搭載しています。このコンバーターは、LinearPCM 32ビット768kHzまでのPCMサンプリングレートと、DSD4またはDSD256までのDirect Stream Digitalに対応しています。"


サウンド


"音楽的な出来事に寛大さと概観があるにもかかわらず、細かいドラムの音やミュージシャンの背景音など、細部への目配りが残っている。空気感の再現幅も大きい。物語のような導入部から、実存的なドラマ、そしてほとんど魅惑的なサウンドまで、すべてが含まれています。すべてが本物のように伝わってきます。"


結論


"SPL Phonitor seヘッドフォンアンプは、VOLTAiRテクノロジーの世界への完璧な入り口です。その特徴は、特にヘッドフォンファンのために設計されています。音は控えめで、言葉の良い意味でのバランスが取れています。ダイナミクス、ディテール、立体感など、すべてが適切な割合で存在しています。Phonitor seは全体像からは目立たず、ヘッドフォンのためのイネーブラーとなり、6.3mmジャックでそのキャラクターを発揮することができます。オプションのデジタル/アナログ・コンバーターDAC768xsは、SPL Phonitor seを、ハイファイ・ルームやデスクで多目的に使用できる成熟したスペシャリストに変化させます。"

5回の閲覧0件のコメント