• kase34

Head-FiによるPhonitor xレビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日は、Head-Fiに掲載されているPhonitor xのレビューの概要を日本語にてご紹介をさせて頂きます。原文はこちら(英語)からご覧いただけます。

"ドイツSPL社の非常に優秀であったヘッドホンアンプ、Auditorを長年愛用してきましたが、私はこのシステムを、近年この分野の多くの有名な愛好家たちのリファレンスとしての地位を確立している、より新しいプリアンプとヘッドフォンアンプであるPhonitor xにアップグレードする機会を得ました。実際、AuditorからPhonitor xへのアップグレードは、第1世代のPhonitorから第2世代のPhonitorへのアップグレードに他なりません。なぜなら、AuditorはSPLが非常に有名な独自のクロスフィード回路(Phonitor Matrix)を持たないミニマルなバージョンのアンプに過ぎないからです。"


"Phonitor xは、そのパワー容量で有名な他のヘッドフォン・アンプに遅れをとることはありません..."


"PhonitorとAuditorの両方とも、SPL独自の設計によるメイン・アンプ回路(120 Voltairテクノロジー)の恩恵を受けており、非常に大きな電圧ピークと模範的な低ノイズ・フロアを組み合わせた驚異的な能力を提供しています。これは、もともと私がAuditorに感銘を受けた点であり、大音量でも疲れないアンプの能力を、非常に繊細で控えめな方法で実現しています。それとは逆に、Phonitor xの卓越した公称パワーは、素晴らしい分析能力を与え、受信した信号を最も微細なディテールにまで分解することができます。"


"Phonitor xは、第一世代の努力を必要としないニュートラルなサウンドを成層圏にまで引き上げ、優れたアンプであることを明確に示しています。"


"...Phonitor xは、異常に洗練された方法で、見事な器用さで方程式から自分自身を取り除くことによって存在している。私の率直な意見では、SPLは独自のオペアンプ・デザインで大当たりしたと思います。確かに、注目を集めるようなシグネチャーを求めることから離れた、熟練した耳へのご褒美です。"


"私にとって、Phonitor xの選択は、アクティブ・プリアンプとして予想外の付加価値をもたらしました。私のデスクトップ・モニターを驚くべきコントロールと敏捷性でドライブすると同時に、このような中途半端な製品からは想像もできなかったスケールの大きさを明らかにしてくれました。"


結論


"しかし、リファレンス・サウンドとしては、Phonitor xはどの程度であっても挑戦することができないベンチマークを設定していると、私はすでに確信しています"

1回の閲覧0件のコメント