• kase34

EAR INによるPhonitor x with DAC768xsレビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日は独語Hi-Fi雑誌であるEAR INによるPhonitor x with DAC768xsモデルのレビューのサマリーを日本語にてご紹介させて頂きます。

"Phonitor xを使うと、SPLがスタジオ・テクノロジーに重点を置いていることがよくわかります。アナログ信号を入力すると、まるで模範生のように、音色的にニュートラルで、非常に高い解像度を持ち、ダイナミクスの点でも最高です。"


"これこそがSPL Phonitorモデルが有名な理由であり、世界中のヘッドホンリスナーがこのデバイスを愛してやまない理由なのです。"


"そして、DAC768xsモジュールについては?"


"DAC768xsでは、Phonitor xの両方の入力(バランスとアンバランスのライン入力)を3つのデジタル入力で拡張できます。USB-B、S/PDIF同軸、Toslinkです。32ビット、768kHzまでのPCMサンプルレートに加え、DSD4にも対応しています。"


"音楽ファイルを入力すると、デジタルにアップグレードされたPhonitor x with DAC768xsは、最高レベルで動作します。"


"この新しいDACは、プロと同じように音楽愛好家が知っていて評価しているソフトスキルの面でも得点があります。例えば、トーンのある種の輝き、よりカラフルで輝くトーンカラー、音楽の中に存在するより多くのエネルギーと興奮、これらをPhonitor x with DAC768xsは魅力的な方法で表現します。"


結論


"新しいDAC768xsモジュールを搭載したPhonitor xは、デジタルソースを接続した場合でも、ヘッドフォンアンプおよびプリアンプとしての驚異的な資質を発揮します。サウンドスタジオからそのまま出てきた最高級のテクノロジーが、ホームユーザーのために用意されている。"

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示