• kase34

Amazona(独メディア)によるPhonitor xeレビュー

皆様こんにちは。SPL JAPANの加瀬でございます。本日はドイツ語メディアでございます、AmazonaによるPhonitor xeレビューの抜粋を日本語にてお届けいたします。


「SPLが何十年もの間、ヘッドフォン・アンプのトップリーグで確固たる地位を築いてきたという事実は、おそらくすべての読者に知られているはずです。特に、伝説的なマトリックス回路を導入した後のフォニター・シリーズは、多くのプロ・スタジオで常設されてきました。SPL Phonitor xeで、SPLは新たなフラッグシップを市場に投入します..."


"まず、コントロール部分に触れてみましょう。予想通り、SPL Phonitor xeの全てのノブとスイッチは、最高の要求を満たしています。コントロールは握りやすく、きれいにかみ合っていて、スイッチングの際に非常に高品質な感覚を与えてくれます。これはスイッチにも言えることで、安価な他社製品のような不快な「ふらつき」はありません。"


「レトロな外観に加えて、個人的にはレスポンスが比較的遅いこともあって、常にお気に入りなのが、右と左のチャンネルに別々に設置された2つのVUメーターです。レベルに応じて、左のVUメーターの下にあるミニスイッチで、感度を6dBまたは12dB変えることができます。


「SPL Phonitor xeの最初の特徴は、アンプの前面と背面の両方にあるXLR-4pinヘッドフォン出力で、標準のTRS出力と共に装備しています。本体前面のスイッチで、ヘッドフォンを前面に接続するか、背面に接続するかを選択することができます。"


"接続面では、SPLは全領域で最大の効果を発揮します。アナログ領域では、ロック可能なバランスXLR端子に加えて、金メッキのRCAプラグ(RCAの後に金メッキというのは矛盾しています)、デジタル領域では、信号を適切に処理するためにAES、同軸、オプティカル、USBの4種類のオプションを提供しています。"


"すべてのSPLの最高級製品と同様に、SPL Phonitor xeはSPLの特許である120Vテクノロジーで動作し、より大きなヘッドルームを提供します。"


"SPL Phonitor xeの特別な機能である、調整可能なステレオ・バランスとマトリクスについて簡単に2つの言葉を述べさせてください。特に、ある種の聴覚障害を持つ人は、ラテラリティ・コントロールの恩恵を受けるでしょう。このコントロールのおかげで、非対称性の聴覚障害の最初の兆候で、適切なステレオ・センターを見つけることができるからです。驚くべきことに、影響を受けるターゲットグループにとっては非常に役立つボーナスです。"


「マトリックスは、個々のスピーカーの極端なステレオ配置による常に不自然な音のファントムセンターを、自然な音の結果にまとめることができるので、一方で、フォニターシリーズの隠れたスターでもあります。よく知られているように、自然界では、関連する空間効果が遅延時間によって明らかにされないような状況はありませんので、信号のリスニング体験は、深さの点でさらに自然に感じられます。絶対に聴いてください!その価値はあります!"


結論


"音的には、一言で言えば「傑出している」ということです。SPL Phonitor xeがどれだけリラックスしていて、詳細でありながらボリューム感のあるサウンドであるかを言葉で表現するのは難しいですね。私のリファレンス・ヘッドフォンでは、このアンプはすべての面で、すべてのボリュームで納得のいくものでした。このデバイスは、特にダイナミクスの面で感銘を受け、数時間にわたって何の問題もなくリラックスして操作することができました。"


「SPL Phonitor xeで、SPLは再び、他の競合製品に対して非常に高い水準を設定しました。このデバイスの音は、すべての点で傑出しており、製造も素晴らしく、ラテラリティ・コントロールとマトリックス回路により、このすでに非常に高品質なデバイスに2つのボーナス機能を提供しています。絶対的なトップクラスです!"

6回の閲覧0件のコメント