• kase34

音楽制作スタジオにおけるPhonitor seの使用例について

みなさまこんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、Phonitor se with DAC768xsを音楽制作スタジオでどのように使用しているのかという点に焦点を当てて、ご紹介をさせていただきます。



音楽制作用途の一般的なオーディオインターフェースには、デジタル出力(S/PDIF)が装備されており、こちらを出力の拡張として使用することで、高品質なDAを追加し、音色付けやモニタリングに活用することが可能です。Phonitor seのDACモデルを光デジタル(オプティカル)もしくはS/PDIF(コアキシャル)でオーディオインターフェースのデジタル出力と接続し、高品位なDA・ヘッドホンアンプをすぐにお使い頂けます。


ホームスタジオから商業スタジオまで、ありとあらゆる場所で、Phonitor seは手軽に正確なモニタリング環境をご提供いたします。レコーディング時の演奏者用ヘッドホンアンプとしても、ミックス・マスタリング時のエンジニア確認用としても、音楽的で正確なヘッドホンアンプとして、役割を果たします。


私自身は、SPL MadiconというUSB DDCコンバーターとPhonitor seをオプティカル接続し、音楽制作におけるモニタリング環境の構築をしております。1エンジニアとして、プランニングのご提案など可能でございますので、ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。


SPL Japan 加瀬

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Phonitor x / se / Expansion Rackの参考展示について

皆様こんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、6月17日より始まります、イケベ楽器Power Rec渋谷店様での参考展示についてご案内を致します。 この度イケベ楽器様がSPL Japanの正規販売店として契約がスタートするということで、主力製品でございます、Phonitor x with DAC768xs / se with DAC768xs / Expansion Rackの参考

iPhone・iPadとPhonitor x / se with DAC768xsの組み合わせについて

皆様こんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、Apple iPhone / iPadとSPL Phonitor x / se with DAC768xsを組み合わせた際のロスレス・ハイレゾ音源の音楽鑑賞についてご紹介いたします。 DAC768xsモデルに付いておりますUSB端子をApple iPhoneやiPadとUSB-C接続もしくはLightning to USBアダプタを介し

SKY AUDIOとSPL Director Mk2 / PQの組み合わせについて

皆様こんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、SPL Japanがスタジオ内に新規に設けましたリスニングルームでの私自身のインプレッションについて、ご紹介致します。 弊社が別部門として所有をしております音楽制作スタジオには、DSPベースで再生音の調整をするスピーカーを使用しておりますが、やはり何処かにデジタルに制御された平面的な音というものを感じながら作業をして参りました。そちらの