• kase34

ヘッドホンアンプ製品のご注意事項について

皆さまこんにちは。SPL Japanの加瀬でございます。本日は、Phonitorシリーズの故障について、特にヘッドホン回路のショートについてご説明いたします。


SPL JapanではPhonitorシリーズの故障修理などのサポートをさせて頂いておりますが、その中で一番故障原因として多くあるのが、ヘッドホン端子(TRS・XLR)にヘッドホンケーブルを半刺しの状態でミュートを解除し音声信号を流してしまい、それが原因としてヘッドホンアンプ回路でショートが起こり、関連する回路および基盤が焼けてしまうというものです。


基本的にはこのような自然故障ではないものについては、代理店保証の対象外となりますので、原則有償での修理対応とさせて頂いております。状態が良くない場合には、回路基板丸ごと載せ替えという手段が必要となるケースもあり、その場合はご請求額面が高額になることもございます。


つきましては、ヘッドホンケーブルを半刺しの状態で音声信号を流すという状況を作らないよう、ケーブルの抜き差しはヘッドホン・スピーカーともにミュートにした状態で行われることを推奨いたします。


ご不明点などございましたら、フォームよりお問い合わせください。


SPL Japan 加瀬

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示