SPL社の120vテクノロジーが用いられているPerformer s800は、パワーアンプとして正に理想的な哲学を背景に製造されています。最もダイナミックレンジを求められるパワーアンプへ、120vテクノロジーを投入することで、販売されている機材の中で最高スペックを誇る130dBものレンジを実現しており、多くのパッシブスピーカーにとってこれまでにないサウンドを提供しています。




私たちの友人でパートナーであり、そして国際エンドーサーとして著名なリエージュ在住のマスタリングエンジニア、Dan D'Ascenzoは、自らのAmphionのamphion two 18とBaseOne25のコンビネーションシステムに、2台のperformer s800を駆動させて運用しています。このコンフィギュレーションの場合、これまでAmphionで聴かれていたサウンドとは一気に姿を変え、明らかに解像度と音密度、そして広大なダイナミックレンジを得ることができます。

これは彼のスタジオに行った折、余りに国内で聴いてきたAmphionと異なる性質を持っていた故に、実際にどう運用しているのかを聞いたことで初めて分かったことでした。




また、SPL本社のスタジオでは、同じくグループ会社で日本総代理店を務めるSKY AUDIO社のスピーカーを、Performaer s800によって運用されています。Professional Fidelityにもラインナップされている機材ですが、実際のところは第一線のスタジオで使用実績があり、本家本元のSPL本社で写真のような新製品のレセプション時にまで用いられる機材となっています。

49回の閲覧0件のコメント

 © 2021 SPL Japan

  • Facebook
  • Tumblrの - 灰色の円